たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市


2017年06月28日

「披露宴・未婚女性の着物は、訪問着や無地の物でよい」

披露宴会場で、美しく着飾ったお嬢さんが、着なれない大振袖をあつかいかねている風景をよく見かけます。

披露宴では花嫁を目立たせるだけでなく、動きやすい点からも、中振袖か小振袖程度にしたいものです。

縫いとりや箔、柄も仰々しいものはさけ、愛らしさや若々しさを生かしたほうが好ましい装いになります。

振袖でなくても、一つ紋の訪問着でも十分に礼装になります。

あなたに似合う色の無地のきものに、とり合わせのよい帯をしめると、スッキリとして美しいものです。

無地なら縫い紋を三つか一つつけると立派な略礼装になります。

わからない場合はどの程度のものを着たらよいか、花嫁側に問い合わせるとよいでしょう。

大橋直久=業務効率化アドバイザー


  • 同じカテゴリー(マナー)の記事
     「カメラマンの心得」 (2017-08-02 16:43)
     「離婚率が高まっている日本」 (2017-06-06 11:09)
     「花婿の礼服は、花嫁の衣装に合わせましょう」 (2017-05-06 11:07)
     「親と同居の場合は勝手に家具を運び込まない」 (2017-04-16 09:11)
     「電話をかけるときも自分の態度を崩さない」 (2017-03-16 07:11)
     「職場訓練は三本柱で実施される」 (2017-02-27 00:00)
     「電話のマナー その2」 (2017-01-23 00:00)
     「まずは目下の人を目上の人に紹介する」 (2016-12-29 11:14)
     「名刺交換のあれこれ」 (2016-12-09 09:05)
     「電話をかける前のひと手間」 (2016-11-19 11:13)
     「拝啓とはへりくだった冒頭語である」 (2016-10-29 13:17)
     「異性間の握手は、女性に選択の権利がある」 (2016-10-07 00:00)
     「初詣は、松の内にすればよい その1」 (2016-09-17 11:10)

    Posted by 大橋直久  at 17:43 │マナー



    削除
    「披露宴・未婚女性の着物は、訪問着や無地の物でよい」