たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市


2018年03月09日

「近所への挨拶 その1」

昔は、なにはともあれ二人を連れて墓参りをし、御先祖様へ報告するというのが大切なしきたりでした。

また、養子縁組でないかぎり新郎の実家の近所への挨拶として、留袖を着せ、紅白まんじゅうにお嫁さんの名前を入れて母親が連れて歩いたものです。

これはすべて"家に入った嫁"ということであったわけですが、今はあくまでも"息子と結婚した嫁"なのですから、挨拶回りは子供本人が自分の結婚した相手を紹介するという形が望ましいでしょう。

もし親と同居しない場合には、親の近所の家全部を回る必要はありません。

ごく親しく付き合っているお宅だけを訪問します。

このとき、お祝いをいただいている家には内祝を用意します。

さらに新しく住む側、たとえば新婦でしたら、祝儀として菓子折りに「ご挨拶 ○○子」と記したのし紙をかけて渡します。



大橋直久=業務効率化アドバイザー



  • 同じカテゴリー(マナー)の記事
     「日取りの決め方」 (2018-06-22 12:00)
     「キリスト教式結婚式の進行」 (2018-04-12 14:48)
     「里がえり」 (2018-01-17 13:10)
     「二人の記念写真の上手な写され方 その1」 (2017-12-08 16:18)
     「春を告げるセンバツ野球」 (2017-10-20 15:59)
     「カメラマンの心得」 (2017-08-02 16:43)
     「披露宴・未婚女性の着物は、訪問着や無地の物でよい」 (2017-06-28 17:43)
     「離婚率が高まっている日本」 (2017-06-06 11:09)
     「花婿の礼服は、花嫁の衣装に合わせましょう」 (2017-05-06 11:07)
     「親と同居の場合は勝手に家具を運び込まない」 (2017-04-16 09:11)
     「電話をかけるときも自分の態度を崩さない」 (2017-03-16 07:11)
     「職場訓練は三本柱で実施される」 (2017-02-27 00:00)
     「電話のマナー その2」 (2017-01-23 00:00)
     「まずは目下の人を目上の人に紹介する」 (2016-12-29 11:14)
     「名刺交換のあれこれ」 (2016-12-09 09:05)
     「電話をかける前のひと手間」 (2016-11-19 11:13)
     「拝啓とはへりくだった冒頭語である」 (2016-10-29 13:17)
     「異性間の握手は、女性に選択の権利がある」 (2016-10-07 00:00)
     「初詣は、松の内にすればよい その1」 (2016-09-17 11:10)

    Posted by 大橋直久  at 14:30 │マナー



    削除
    「近所への挨拶 その1」